×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ウルトラマンネクサスの特徴

ウルトラマンの概念を大きく変えたウルトラマンプロジェクトの一つとして、ウルトラマンネクストが製作された。映画「ULTRAMAN」と同じスタッフが製作をした。ウルトラマンネクサスとはウルトラマンシリーズの一つで、円谷プロが製作して、2006年10月から3クールほど放送された。ウルトラマンネクストでは世界では、複数の適能者がウルトラマンネクサスに変身することができる、そして、ウルトラマンネクサスに変身する人物が地球を防衛する防衛隊に所属する隊員ではなく、主人公が特殊能力を持たない普通の人間であることなど、ウルトラマンシリーズでは初の設定が多く盛り込まれていた。ウルトラマンネクストから、特撮パート、ドラマパートとともにフィルム撮影からデジタルビデオ方式で撮影がなされた。それから、CGを作品中に多く取り入れて新たな試みがなされた。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ウルトラマンネクサスのストーリー

ウルトラマンネクサスのストーリーは、近未来のことである。「現在」と変化がない世界であるが、世界各地で厭世観(スペースビースト)が原因の怪奇な事件が勃発していた。この事件を解決するために、世界各地で防衛機関(TLT ティルト)が結成されていった。日本支部(TLT−J)そしてその下部組織として、ナイトレイダーと呼ばれる特殊機関が作られた。彼らの任務はスペースビーストを駆除することであった。新種のビーストが現れ、その対抗者として、ウルトラマンネクストが登場してくる。彼こそがウルトラマンネクサスの第一適能者である、姫矢准であった、ウルトラマンネクサスは、時空の歪に「メタフィールド」と呼ばれるバトルゾーンを形成して、巨大化したビーストをその空間に引き込み、戦いを繰り広げていった。

ウルトラマンネクサスの評価

ウルトラマンネクサスの評価は、ストーリーがハードで重苦しいものであったことに加えて、放映時間枠移動によりウルトラマンシリーズ中。最低の予算となった。それにより、同じ舞台セットの連続使用や同じ怪獣を3〜5回使い回したことにより、ファンが期待している「苦戦を続けるウルトラマンネクサス」「怪獣を倒すカタルシスの欠如」などが起こったことが関係者から指摘されている。又、同じ時間帯に大人気の情報番組があり、視聴率はウルトラマンシリーズ中、最低であった。児童層に受けなかったことが、最大原因であった。しかし、ウルトラマンネクサスの斬新な設定に魅力を感じた人もおり、打ち切りになった際に未放映となってしまったエピソードが見たいという意見が多く寄せられ、DVD化の際にはTV未放映のカットが収録された。ウルトラマンシリーズで、ウルトラマンネクサスは最も不遇な扱いを受けた作品であったが、その従来のウルトラマンシリーズはない斬新な設定、ストーリー構成等から現在もカルト的な人気がある。

スポンサードリンク

Copyright © 2007 ウルトラマンネクサスって知っていますか?